「不安を除去する方法」

妊活アドバイザーの、

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

暴力、タバコ、いじめなど・・・

大阪の荒れた中学校の陸上部を、

赴任からわずか3年で日本一に導き、

7年間で13回の日本一を達成させた先生がいます。

お名前は、原田隆志先生。

現在は、その教育手法を「原田メソッド」として、

たくさんの人の目標達成をサポートする活動を行っています。

そんな原田先生のエピソードを1つご紹介しますね。

砲丸投げの県大会、決勝前夜のこと。

3年生の選手のために、

1年生が一生懸命テルテル坊主を作りました。

砲丸投げの場合、雨が振ると寒くなって、

指がかじかんで、砲丸がうまく握れない、

するといつもの調子が出せずに結果がでない

ということが起きるそうです

1年生は3年生のためを思って、

雨が降らないようにと願いを込めて

テルテル坊主を作っていたのです。

もちろん、彼らはもう幼くありませんから、

テルテル坊主で雨が降らなくなるとは、

本気で考えてはいません。

でも、少しでも3年生の不安がなくなれと思って、

気持ちを込めて作りました。

一見すると、

とっても素晴らしい話に聞こえますよね。

でも、、、

原田先生はこう言いました。

「ええか。このテルテル坊主の気持ちは嬉しい。

嬉しいけど、テルテル坊主200個作ったかって、

天気は変えられへん。

そんなもん、なんぼやったかってダメや。

結果と関係ない!」

目標達成のエキスパート、原田さんによれば、

不安を除去する最高の方法は「準備」といいます。

危機管理の鉄則で

「最低最悪の状態を想定して、

最高の準備で臨み、楽観的に対応する」

というのがあります。

先生は、これを部員に徹底させました。

砲丸投げの選手も、その教えを実践しました。

その日は、天気予報でも晴れマーク。

絶対に雨は降らないということ。

でも、選手は明日が本番となると、

どうしても緊張して、不安になってしまいます。

その選手は何をしたのかというと、、、

誰もが晴れると言うなかで、

雨が降った時の「準備」を徹底的にしたのです。

その選手のカバンは大きく膨らんでいました。

傘、かっぱ、替えの下着、使い捨てカイロなど、、、

選手は、最初は不安でしかたなかったが、

コンビニで買物をしてカバンに詰めているうちに、

不安は消えていき、不安が自信に変わっていったとのこと、、、

この話から学ぶこと。

それは、不安や心配を取り除く最も現実的な方法は

「準備」だということです。

「準備」をきっちりやっていれば、

プラス思考とかマイナス思考とか関係なく、

不安は和らぎ、なくなります。

妊活も、結果がみえないから、

わからないから、どうしても不安になりますよね。

だから、しっかり「準備」をしましょう。

妊娠体質を作るための栄養を摂ったり、

エクササイズをやったり、

鍼灸整体で身体をを整えたり・・・

健康的なこと、現実的な準備をしっかりやれば、

不安も和らぎ、それは確実に妊娠体質を作ることにつながります。

あなたは、

赤ちゃんを授かるための「準備」、

やっていますか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA