年をとれば妊娠できないの?

こんにちは!
妊活アドバイザーの
小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

「年をとれば妊娠できないの?」
「いくつまで妊娠できるの?」

これは、不妊に悩む方、誰もが持っている共通の悩みです。

NHKのドキュメンタリー番組「クローズアップ現代」で

2012年2月14日にこんな内容が放映され、話題になりました。

(NHKのHPより一部抜粋)

いま、全国の不妊治療クリニックに、30代、40代の女性たちが次々と訪れ、衝撃を受けている。

健康なのに、妊娠の可能性が低いと告げられるのだ。

原因は「卵子の老化」

女性の卵子は年齢とともに年を重ね、35歳の女性が出産できる可能性は20歳代の半分になる。

しかし、多くの女性はこの事実を治療に来て初めて知るという。

(中略)


「卵子の老化」による不妊をさらに深刻化させる一因は、男性側にもある。

実は、不妊の原因の半分は男性側にあるが、夫が不妊の検査に行きたがらず、

ようやく治療が始まった時には、妻の卵子が老化しているというケースが後を絶たない。

年をとれば、卵子が老化する。

卵子が老化すれば、妊娠しにくくなる。
では・・・年をとれば、もう妊娠できなくなるのでしょうか?

・・・いいえ。

そんなことはありませんよね。

実際に、40代、50代で妊娠・出産できた人はたくさんいます。
では、このような人たちには、なにか共通点があるのでしょうか?


年をとると、卵子が老化して、妊娠しにくくなるのだとすれば、卵子の老化を防げばいい。若返らせれば、妊娠しやすくなる。

という理屈になりますが・・・

果たして、そんなことができるのでしょうか?

・・・

結論からいえば・・・できます。

卵子の老化を防ぐ方法はあります。

それは、ミトコンドリアを増やすことです。

明日に続く・・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA