『褒め上手な人を目指す』

あなたは、人に褒められるのは

好きですか?

だいたいの人は、褒められて

悪い気はしないですよね。

私は、褒められることが

少なくなったのが

最近の悩みです( ;😉

 

「旦那さんに料理をほめられた」

「職場で仕事をほめられた」

「友達に肌がきれいってほめられた」

何でも褒められるのはうれしいですよね。

 

「褒められるのが好き」な人は

多いかもしれませんが、

「人を褒めるのが好き」な人は

少ないかもしれません。

それもそのはず、

日本には叱る文化はあっても

ほめる文化はあまりなかった

のです。

 

でも、人をほめることは、

ほめられる以上に

うれしいとも言えます。

人をほめると、相手は喜びます。

その喜んでいる姿を見て、

自分もうれしくなります。

 

ほめ上手は相手に喜びを与え、

自分も同じように喜びを

手に入れられるのです。

 

「でも、人をほめるのは苦手…」

というあなたのために、

今日はほめ上手のコツを

ご紹介しますね。

 

○思ったときにすぐほめる

「髪切ったんだなあ」と思ったら

「髪切ったんだ、似合うね!」と

すぐ声に出してみましょう。

慣れないと最初は難しいけど、

ほめられて嫌がる人はいないので、

勇気を出してほめていきましょう。

○ほめ言葉を口癖にする

「さすが!」

「すごいね!!」

「なるほど~!!!」

など、会話の中で

サラッと相手をほめるケースもあります。

自分の言葉でほめるのも大切ですが、

短い言葉でほめられても

うれしいですよ。

○無理してほめない

思ってもないことをほめると

相手も違和感を感じてしまいます。

社交辞令でほめるのは

やめましょう。

○他の人がほめていたことを伝える

「いつも気が利くねって、○○さんがほめてたよ」

と言えば、

自分だけじゃなく○○さんも

相手の価値を感じていることを

伝えることになります。

○中身をほめる

一番うれしいのは、やはり中身を

ほめられることじゃないでしょうか?

中身をほめるには、相手の行動を

観察したり、相手の話をよく聞いたり、

相手に興味をもつことが必要です。

いろんな人に興味をもって、

たくさんの人をほめて、

相手も自分も喜べると

いいですよね。

 

「ほめ上手のコツ」は

いかがでしたか?

大事なパートナーである

旦那さんをほめてあげれば、

旦那さんも喜ぶし、

夫婦関係のマンネリを防ぐことにも

なるはずです。

また、人をほめて自分の心が潤えば、

ストレスも減って

妊活にもプラスになります。

 

あなたも、人をほめて

喜ばせてみませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA