流産予防の生活習慣をご存知ですか?

こんにちは!
 
妊娠しやすいカラダづくりの専門家

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

 

子供を授かりたいと思い

妊活していた夫婦にとって、

やっとできた赤ちゃんは、

かけがえのない存在です。

 

その大切な赤ちゃんの命を守るために、

流産を予防する生活習慣というものがあるのをご存知ですか?

妊活中のあなたは、ぜひ流産を予防する

生活習慣を身に着けておきましょう。

 日常生活でできる流産の予防法

妊娠初期の流産の原因が、

胎児側の成長異常にあるため、

残念ながら絶対に流産を予防できるという

方法はありません。

 

でも、日常生活において、

できるかぎり予防する方法はあります。

1.アルコールやたばこを控える

2.体を冷やさない

3.胎児の細胞分裂を促し、発育を助ける葉酸を妊娠前から積極的に摂取する

4.子宮内膜を厚くフカフカにする

5.薬を利用する前に、必ずお医者さんに相談する

6.ストレスを溜め込まず、不調があればすぐに病院に向かう

 

赤ちゃんが子宮の中で安心して過ごすためには、

赤ちゃんの命綱となる胎盤が安定することが大切です。

 

また子宮内膜をしっかり厚くすることで、

胎児が居心地の良くなるフカフカのベッドを

妊娠前から作っておくことも大切です。

そして胎盤が安定する妊娠16週に入るまでは、

できるだけ安静にしておきましょう。

 

初期につわりがひどく、

家事がつらいと感じるときには、

遠慮せずに家族に頼りましょう。

無理をせずにリラックスすることは、

おなかの赤ちゃんのためにも大事なことです。

 

そして更に注意すべきことは、

1.過労を避けて十分な睡眠をとる

2.かぜや下痢、便秘などの体調不良に気をつける

3.ストレスを溜めず、ゆったりした気分で過ごす

4.立ちっぱなしの仕事をなるだけ避け、電車やバスで長時間揺られる行動を控える
 
5.重いものを持たず、階段の昇り降りに注意

6.お勤めの方は、体に無理のない仕事内容や勤務時間に変更してもらう
 
7.ランニング、ホットヨガなどの激しい運動を控える

 

食事から流産を予防する

バランスの良い食生活をすることは、

おなかの赤ちゃんにも影響します。

とくに摂取すべき栄養素は、

赤ちゃんの細胞の発達を促す「葉酸」で、

ブロッコリーや納豆、キウイフルーツに

多く含まれています。

 

黄体ホルモンを活性化させる「タンパク質」や

「カルシウム」(タマゴ、牛乳など)も、

積極的に摂取しましょう。

 

レバーやホウレンソウに多く含まれる「鉄分」、
貝類(ヘム鉄)

野菜や海藻類に含まれている「食物繊維」も、

便秘解消などに効果があり、

毎日の食事に気を付けることで、

赤ちゃんが健康に育つ体内環境を

整えることにつながります。

Follow me!