妊活にかかったお金のアンケート結果

こんにちは!

 

令和の子宝請負人 小林よしのりです。

 

今日はとてもリアルなお話をさせて

いただきます。

 

それは妊活にかかったお金のアンケート結果

 

お金の話は人に相談しづらく話づらいのですが、

正直どれ位かかったのかって気になって

しまうものですよね。

 

私もこれまで色々な方にアンケートしてきたので、

妊娠するまでにかなりお金が、かかることは十分承知です(^^;)

 

それこそ大きな声では言えませんが、

みなさん3桁は優にかかっているのではないでしょうか(;^_^A

 

そんな気になる妊活費用や助成金などに

ついてあれこれ紹介しますね。

 

不妊治療のそれぞれの費用の目安ですが、

クリニックに行った場合1回につき

タイミング法3,000~2万円

人工授精1万5,000~3万円

体外受精20~50万円

顕微授精30~60万円

これ位の費用がかかります。

 

これだけで( ゚Д゚)といった感じですが、

ホルモン注射や受精卵の凍結などを

行うとさらに費用は倍増するのです。

 

それ以外にも不妊治療を行う前には

たくさんの検査を受けなくてはならず、

血液検査やホルモン検査、男性側の精子の

検査など、その都度費用がかかります。

 

しかも検査は保険が使えない

自費の検査も結構あるんです(涙)

 

それに意外と忘れがちなのがクリニック

までの交通費です。

 

自宅から近ければいいですが、遠方から

来られる方も多いので交通費は地味に

痛い出費ですよね……。

 

これ以外にもよかれと思って

妊活用のサプリやヨガのレッスンなど

その他にもたくさんお金を使って

いるようです(>-<)

 

少しでも妊活費用を取り戻すためには、

助成金制度を活用するのがおすすめです。

 

それぞれの自治体によって助成額や

申請基準、方法が異なりますので

気になる方は今一度調べてみてくださいね。

 

 

保険がきかない治療も多いため、

予想外の出費で将来設計が台なしに

なってしまわないよう、

費用の目安をある程度知っておくと

役に立つかもしれませんね(^-^)

 

発行者
令和の子宝請負人 小林よしのり

↓まずはお気軽に私、
院長 小林芳憲へご相談ください。↓

ご予約・ご相談・お問合せは
こちらから

メールでのお問い合わせ  ご相談はお気軽に
050-3188-8733
※施術中で電話に出られない場合がございます。
折り返しご連絡を差し上げますのでメッセージをお残しください。

■営業時間(緊急事態宣言中は時間短縮営業とさせていただいております。)
  • 平日: 10:00〜20:00
  • 土曜・祝日: 10:00〜18:00
  • 定休日: 夏季休暇および年末年始のみ休業

※2021年8月10日錦糸町分院オープン!!
※王子駅前院は2019年10月に全ての業務を青山一丁目駅前院に移転・統合しました。