「昔の高齢出産は今より21倍多い」

こんにちは!
妊活アドバイザーの小林 芳憲(こばやし よしのり)です。
一般的に、35歳を過ぎると
卵子の数がぐっと減り、
卵巣の機能も低下しやすくなるので、
35歳を過ぎての不妊は
高齢不妊と言われています。
でも、35歳を過ぎると
本当に妊娠しにくいのでしょうか?
確かに、年齢が上がるほど
妊娠はしにくくなります。
でも、昔の女性は40歳を過ぎても
子供を産む人は多かったのです。
『卵子老化の真実』(河合蘭著)
によると、昔は高齢出産が多く、
大正14年に45歳以上の母親から
生まれた子供は2万人で、
現在よりも21倍も多かった
というデータがあるのです。
40代後半の出産も
かなりあったようです。
昔の女性に高齢出産が多かった
理由の一つは、
「生理の回数が少ない」ことのようです。
昔の女性は初婚が早く、
何人も子供を産んでいました。
その分生理の回数が少ないので、
排卵が少なく、子宮や卵巣への
負担も軽かったのです。
子宮や卵巣への負担の少なさが、
高齢出産を可能にしていたようです。
また、昔の女性は今と比べて
掃除、洗濯、家事などで体を
動かすことが多かったり、
車などもなかったので
歩くことが多かったり、
農作業をしたりと、
とにかく体を動かす機会が
多かったです。
これによって、
年をとっても筋肉が衰えず、
肉体年齢の若い方が多かったことも、
高齢出産が多い理由です。
現代の女性に高齢出産が
少ない原因は、
肉体年齢の高齢化による
「妊娠機能の低下」です。
例えば、あなたはこんな症状で
悩んでいませんか?
・冷え
・肩こり
・腰痛
・手足や関節の痛み
・生理痛
・生理不順
・貧血
・低血圧
・肌荒れ
・むくみ
・便秘
これらの症状は、年齢を重ねることによって
・代謝が下がる
・筋肉が落ちる
・血行が悪くなる
ことが原因となって現れます。
これが、本来あなたが持っている
体の機能の低下なのです。
そして体の機能の低下は、
元気な赤ちゃんを授かる力の衰え、
つまり「妊娠機能の低下」
につながっていきます。
では、どうすれば
「妊娠機能の低下」を防ぎ、

妊娠しやすい体になるのでしょうか?

高齢不妊を改善したい方には

元全日本ナショナルチーム、
オリンピックチームトレーナーの
私が自宅で簡単にできる
高齢不妊に特化した
『インナーマッスルメソッド』を
30分無料で講習しております。

ご希望の方はお問い合わせページから
お気軽にお問い合わせください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA