「卵子の老化対策に理想的な食事とは?」

年をとれば、卵子が老化する。

卵子が老化すれば、

妊娠しにくくなる。

といわれています。

…では年をとれば、

もう妊娠できなくなるのでしょうか?

…いいえ。

そんなことはありませんよね。

実際に、40代、50代で

妊娠・出産できた人は

たくさんいます。

では、このような人たちには、

なにか共通点があるのでしょうか?

年をとると、卵子が老化して、

妊娠しにくくなるのだとすれば、

卵子の老化を防げばいい。

若返らせれば、妊娠しやすくなる。

という理屈になりますが…

果たして、

そんなことができるのでしょうか?

結論からいえば、できます。

卵子の老化を防ぐ方法はあります。

卵子の老化を防ぐには、

ミトコンドリアを増やして、

卵子、精子を含む

からだすべての細胞を元気にすればいい。

ミトコンドリアを増やす方法は、

・筋肉トレーニング

・(少しきつめの)有酸素運動

・(プチ)断食

・寒さを感じる。

でもこれらを

実践するのは難しそう。。。

一番確実で、

簡単に実践する方法は、

食事で栄養を摂ることです。

とはいえ、

どんな栄養を摂ればいいのか?

栄養が分かっても、

毎日そんな食事を用意するのは大変…

そこで、ミトコンドリアを増やすため

イカやタコに含まれる

タウリンという成分は、

ミトコンドリアを増やす効果が

あるといわれています。

ニンニクやトマト、

ブロッコリーなどの食材には、

抗酸化作用があります。

年齢を重ねると、

ミトコンドリアの数が減って、

質も低下します。

すると、活性酸素が増えていき、

卵子や精子など、

体のすべての細胞が酸化して

老化がすすみます。

この酸化を食い止めるためには、

アンチエイジングのためには、

抗酸化作用が働く食材を

摂ればいいのです。

タウリンで

ミトコンドリアの増殖をサポートして、

ニンニクやトマト、ブロッコリーなど

抗酸化作用のある食材で、

ミトコンドリアの数の減少と

質の低下を防ぐ。

これが、

質のよいミトコンドリアを増やして、

卵子、精子などの体

すべての細胞にエネルギーを送る

‘理想の食事’です。

ただ今9月5日以降の無料個別相談会を受付中です。
www.aoyama-shinseido.com/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA