「子宝神社を科学的に検証した結果」

あなたは子宝神社とか

子宝スポットと呼ばれるところに
行ったことはありますか?

「本当に効果があるの?」

とか、

「神頼みでしょ?」

とお思いの方も多いと思います。

でも本当に、

「子宝神社へ行って、

赤ちゃんを授かった!」

という声をよく聞きます。

あなたも初詣だったり、

神社に参拝に行く機会は

あると思いますが、

手を合わせてお祈りすると、

なんだか清々しい

気分になりませんか?

201708190849_1.jpg
お祈りは脳内で

オキシトシンなどの

脳内ホルモンの分泌が促されることが

分かっています。

そのオキシトシンは

脳内の癒しホルモンと言われており、

ストレスを減らし、
血圧の上昇を抑制や免疫力アップ

効果があるなど、

妊活に良い作用ばかりなんです。

逆にイライラが溜まっていたりすると

コルチゾールという

良くない物質がたくさん分泌され
脳や体にいろいろな機能にとって

マイナスの影響が出て、
妊娠しにくい体になって

しまうこともあります。。。

つまり、お祈りをすることで

コルチゾールの分泌を軽減し、

妊娠力が上がるかもしれないのです。

更にお祈りするときに注意したいのが、

自分の幸せだけを願わないことです。

お祈りの際にオキシトシンが

分泌される量は、
「他人の幸せ」を願ったときが、

もっとも多いという分析結果が

出ています。

これについて、

コロンビア大学の

著名な研究者が発表した

ちょっと興味深い論文があります。

テーマは「祈れば妊娠率アップ」。

体外受精を受けている女性たちを
2つのグループに分けて、

一方のグループにだけ、

あるキリスト教徒の団体が、

妊娠祈願の祈りをささげました。

祈ってもらった

グループの妊娠率は約50%、

祈ってもらわなかった

グループの妊娠率は約25%。

「祈ってもらうことで妊娠率が2倍」

になったというのです…

お祈りごとは人それぞれ、

特に決まりもありませんが、

参拝する際には

「他人の幸せ」…
パートナーやご両親など、

身近なご家族の喜ぶ笑顔を

思い描きながら願った方が

よいみたいです。

何より、そちらの方が、

自分の心が幸せになれます。

ということで、

子宝神社に行って、お祈りしませんか?

赤ちゃんは

「天からの授かりもの」

といいますし^^

今月は9月17日、三浦郡葉山町、
森戸神社に行き、

患者様が一日でも早く妊娠できるように願いを

込めに行ってまいります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA