『最も妊娠率の高い日はいつ?』

今日は動物園のゾウのお話しから、、、

人間に飼われているゾウは、

杭でつながれた鎖が足に

はめられていると、

おとなしくして、

逃げようとしないんだそうです。

足を鎖につながれて、

身動きできないなんて、

不自由で、ゾウはきっと窮屈ですよね。

絶対いやなはずです。

でも、なぜ逃げないのでしょうか?

これには理由があります。

それは、ゾウがまだ幼い、

小さい頃に、

地中深くに埋められた鉄の杭に、

鎖でつなげるのそうです。

当然、その小ゾウは、

「もっと動き回りたい!」と

思うでしょう。

そこから動こうともがきます。。

でも、まだ力のない小ゾウでは、

その杭から動くことができません。

そして、それを繰り返すうちに、

「地面に杭がある=逃げられない」

という思考パターンが

出来上がるそうです。

大人になったゾウは、

力も当然強くなります。

ゾウは、その杭から逃げ出す力が

あるにもかかわらず、

でも、、、

「逃げられない」

という思い込みから

逃げ出そうとしないんですって。

なんだか、

ちょっとかわいそうなお話ですね・・・

固定概念って怖いです。

ゾウは、長い年月をかけて

人間から固定概念を

植え付けられました。

あなたは、

妊活に関して、

固定概念ってありませんか?

たとえば、

「排卵日の性交が最も妊娠率が高い」

と思ったことはありませんか?

私も、この業界に、
入る前そう思ってたんですが、
これ、実は違うんです。

周期中に妊娠の可能性のあるのは6日間。

その中で、排卵の4日前から

妊娠の可能性は高くなります。

そして排卵日の2日前から、

排卵日前日が最も妊娠しやすくなり、

排卵日当日にはすでに妊娠率は

低下してしまうのです。

だから、排卵日だけを狙うのは

正しくないんですね。

よくよく考えると、

私が若いころに思っていた

「排卵日の性交が最も妊娠率が高い」

という知識は、

どこで聞いたか覚えてないんですね。

知りあいか、なにかから、

いつの間にか思ってた知識でした。

いま思えば、

これは私の固定概念でした。

当然、そうだと思ってたから、

わざわざ調べようとは

思ってませんでした。

固定概念って、コワイですね、、、

あなたも

固定概念には気をつけましょうね(^-^;

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA