『祈ってもらう→妊娠率2倍!?』

本日は研修生の金本が担当します。

先日、お友達に連れられて

美術館に行ってきました。

日頃から

「美しいものを観るのって

心の栄養になりそうだな」
とは思うんですが...

なかなか重い腰が

上がらなかったんで、

ちょうどいい機会だったんです。

 

展覧会は日本美術がメインでした。

華麗な色どりの壺や

金箔たっぷりできらびやかな

屏風絵。

 

白と黒なのに奥深い水墨画や

鋭くて緊張感漂う日本刀などなど。

その中でも一番印象に残ったのは

仏像でした。

科学が発達してなかった時代は、

神様とか仏様にお祈りすることが

今より多かったそうです。

雨乞いとか豊作とか健康とか...

そんな人々の祈りを

受け入れる仏像の表情や

たたずまいって、

とても穏やかで素敵なんです。

思わずその場で

手を合わせそうになりました^^

私はお祈りとかお参りって

好きです。

目をつぶって手を合わせて

祈るだけで、

とても心が落ち着くんですよね。

妊活のときに通った

近所の神社には、今でもよく

お参りしちゃいます。

お祈りについて調べていたら

ちょっと面白い論文を発見しました。

テーマは

「祈れば妊娠率アップ」。

体外受精を受けている女性たちを

2つのグループに分けて、

一方のグループにだけ、

あるキリスト教徒の団体が、

妊娠祈願の祈りをささげたんです。

祈ってもらったグループの

妊娠率は約50%、

祈ってもらわなかったグループの

妊娠率は約25%。

「祈ってもらうことで妊娠率が2倍」

になったというのです。

 

この論文が

コロンビア大学の著名な研究者に

よって発表されてたので、

賛否両論、大変な騒動になった

みたいです。

この結果を鵜呑みにする

つもりはないんです。

でも、

祈ってくれる人がいるのは

幸せだなあって思います。

妊活中のときは

友人が電話で

「妊娠祈願してきたよ」

って言ってくれたんです。

あたたかいやさしさが

じーんと伝わってきました。

大きな心の支えになったのを

覚えています。

あなたはお祈り、お参りしてますか?

赤ちゃんを授かれるように

子宝神社に参拝とか

パワースポット巡りとか

もうしてるかな。

もし心に余裕があれば

自分のことプラス、

誰かのために祈ってみるのを

おすすめします。

ある神父さんは

「人のために祈ると

気持ちが落ち着く」

と言ってました。

他人のために祈ることが

自分の心にもいい影響を及ぼします。

それが巡り巡って

自分に還ってくるものですよ^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA