妊娠できる望みはあるのか?

こんにちは

妊娠しやすいカラダづくりの専門家

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

当院に寄せられる患者様の声、

その他の不妊治療に

取り組んでいる方々のよくある声、

そもそもの根本的な疑問、

それは、

「私に妊娠できる望みはあるのか?」

ということ。

多嚢胞性卵巣症候群、

高プロラクチン血症、

インスリン抵抗性、

低AMH、不育症、、、

男性だと乏精子症など、、、

問題がはっきりしているほど、

「本当に妊娠できるのか?」という

疑問がわくと思います。

多くのお金と時間を使って、

いつ終わのるか、

成功するのかわからないことに

取り組まなければいけない。

もし可能性がないことに、

一生懸命お金と時間を

かけているのだとしたら、

こんなにバカらしいことは

ないですよね。

だから、可能性は

あるのか?ないのか?

はっきりと知りたいですよね。

不妊症の検査に行き、

原因がわからないまま

治療が始まることがあります。

検査の回数を重ねていくと、

不妊の原因が

わかるようになる人もいれば、

わからまないまま

不妊治療を続ける人もいる、、、

そうです。

不妊の原因がわからないまま、

原因不明のケースも

たくさんあるということです。

不妊検査は長年研究が進んでいますが、

現在の医療技術で

原因が特定できないケースは

まだまだあります。

そして不妊の原因は

単一であることが珍しく

複合して存在する事が多いです。

自分の不妊の原因がわかってる場合、

「私はこんな原因でも

本当に妊娠できるのか?」

という不安を持つ方は

多くいらっしゃますが、

むしろ原因がある程度わかっている方が

どんな治療法をしたらよいのかが

わかっていいと思います。

(冒頭で挙げた、多嚢胞性卵巣症候群

高プロラクチン血症などは、

すべて妊娠の可能性はあります。)

そして、不妊の原因が

よくわからない場合は、

こう考えてみてください。

「不妊は原因不明のケースが多い」

とすれば、

「妊娠も原因不明のケースが多い」

といえます。

事実、そうなんです。

20代のころ、生理不順、婦人科で

「多嚢胞性卵巣症候群」と診断された方が、

結婚して30代中ごろで、

治療していないにもかかわらず、

なぜか妊娠、出産後生理も順調、、、

という方もいます。

たとえば

○○をはじめてから妊娠した・・・

という人がいたとします。

この場合、

確かに○○がよかったと

いえるかもしれない。

でもそれだけでなく、

病院での不妊治療との並行による

相乗効果かもしれないし、

本人のストレス緩和に

よるものかもしれない。

妊娠の原因も

はっきり「コレです」と

特定できないことは多いです。

妊娠の原因がわからないケースが

多くあるなら、

妊娠の「望み」はどんな人にも

あるということです。

不妊の原因がはっきりしていようが

いまいが関係ありません。

長年研究され、現在の医療技術でも

原因が特定できないケース

が多々あるのだったら、

原因不明で妊娠するケースも

多々あるということです。

あなたが

妊娠の「望み」をもつということが、

現実として「望み」が

あるということになります(^^♪

Follow me!