15

「東洋医学における不妊症の原因3」

東洋医学では、 不妊症の原因は、 大きく分けると次の4つになります。 ・血液が不足した状態の「血虚(けっきょ)」 ・気が不足した状態の「気虚(ききょ)」 ・「気」のめぐりが悪くなる状態の「気滞(きたい)」 ・いわゆる‘冷え’のことを指す「寒滞(かんたい)」 おととい、昨日と 「血虚(けっきょ)」「気虚(ききょ)」 についてお話しました。 今日は「気滞(きたい)」について、 お話します。 昨日の「気虚(ききょ)」で お […]

11

「東洋医学における不妊症の原因2」

こんにちは! 妊活アドバイザーの 小林 芳憲(こばやし よしのり)です。 東洋医学では、不妊症の原因は、 大きく分けると次の4つになります。 ・血液が不足した状態の「血虚(けっきょ)」 ・気が不足した状態の「気虚(ききょ)」 ・「気」のめぐりが悪くなる状態の「気滞(きたい)」 ・いわゆる‘冷え’のことを指す「寒滞(かんたい)」 昨日は「血虚(けっきょ)」について お話しました。 今日は、 「気虚(ききょ)」についてお […]

08

「東洋医学における不妊症の原因1」

今日は不妊症の原因についてお話します。 不妊症の原因は、 排卵障害、子宮着床障害、卵管障害など、 直接的な要因となる不妊体質から、 生理不順、生理痛、不正出血、などの身体的不安、 また、年齢的要因や、精神的ストレスなど、 直接的ではないけれど、 妊娠に大きく影響しそうな要因など、 いろいろあります。 不妊治療のために通う病院は、 西洋医学です。 それに対して東洋医学では、 不妊症の原因は、大きく分けると 次の4つにな […]

06

「不安を除去する方法」

妊活アドバイザーの、 小林 芳憲(こばやし よしのり)です。 暴力、タバコ、いじめなど・・・ 大阪の荒れた中学校の陸上部を、 赴任からわずか3年で日本一に導き、 7年間で13回の日本一を達成させた先生がいます。 お名前は、原田隆志先生。 現在は、その教育手法を「原田メソッド」として、 たくさんの人の目標達成をサポートする活動を行っています。 そんな原田先生のエピソードを1つご紹介しますね。 砲丸投げの県大会、決勝前夜 […]

03

「インナーマッスルを鍛えるメリット」

妊活のためにホットヨガをやっている 人はまわりに多いと思いますが、 ヨガ・ピラティスを合体した エクササイズはまだ知られていません。 ヨガとピラティスは似ています。 すごく簡単にいうと、 ヨガはインド発祥で精神重視、 ピラティスはドイツ発祥で肉体重視、 なんです。 ヨガは古~い時代にインドで生まれ、 精神修行を目的としています。 ピラティスは、 ドイツ人ジョセフ・H・ピラティス氏が 第一次大戦で負傷した兵士のリハビリ […]

01

「昔の高齢出産は今より21倍多い」

こんにちは! 妊活アドバイザーの小林 芳憲(こばやし よしのり)です。 一般的に、35歳を過ぎると 卵子の数がぐっと減り、 卵巣の機能も低下しやすくなるので、 35歳を過ぎての不妊は 高齢不妊と言われています。 でも、35歳を過ぎると 本当に妊娠しにくいのでしょうか? 確かに、年齢が上がるほど 妊娠はしにくくなります。 でも、昔の女性は40歳を過ぎても 子供を産む人は多かったのです。 『卵子老化の真実』(河合蘭著) […]

22

「日々の予定をやっつける!」

あなたは、仕事とプライベートは きっちり分けたいタイプですか? 仕事をする時は全力で仕事をやる。 仕事が終われば、次の仕事が始まるまで 全くそのことを考えずに、 プライベートタイムを満喫する。 そんな風にきっちり気持ちを切り替えられたら、 とっても充実した人生が送れると思います。 今日の仕事を終えて、 会社を出て家についても、 「明日はどんな作業をしなきゃいけないのか」 「資料は完成したけど、不安だから明日もう一回確 […]

19

「ミトコンドリアを増やす方法」

こんにちは! 妊活アドバイザーの 小林 芳憲(こばやし よしのり)です。 ミトコンドリアの数を増やす方法は、主に次のようなものがあります。 1.筋肉トレーニング 筋肉の細胞には、ミトコンドリアが多く含まれています。 なので、運動をして筋肉の量を増やせば、 質のよいミトコンドリアの数を増やすことができます。 効率的にミトコンドリアの数を増やすには、 筋肉に80%程度の負荷を かけるくらいの運動が効果的です。 特に、背筋 […]