人工授精って、健康な赤ちゃんが・・・・・

令和の子宝請負人

小林 芳憲(こばやし よしのり)です。

今回は、以前通院していた患者さんが医師に人工授精を勧められたときのお話をしようと思います。

患者さんいわく「不妊治療を始めた当初、不妊検査について知識がほとんど無かった」とのこと。

 

さらに人工授精に対して

変な偏見があったんです。

患者さんはは医師に

こう聞いてしまいました。

「あの〜、人工授精って、健康な赤ちゃんが生まれない可能性もあるんじゃ・・・」

と質問しました。

 

(考えると、とんでもない偏見の質問です、、、(;^_^A)

というと医師は、

「はぁ~!?誰がそんなこと言いました?」

とけっこうキツい言い方を

したそうです。

 

「いえ、あの、テレビで、たしか、、、あの○○芸能人が・・・」

とシドロモドロ。

(あとで考えると、医師がきつい口調になったそうですが…)

 

その後、顕微授精についても

説明してくれたので、私は、

「費用はいくらくらいですか?」

って聞くと、医師は

「とりあえずネットとかで、自分で調べてみてください」

と一言。

(このやり取りは、大げさではなく、実際のやり取りです。。。)

 

「何、この医師!すっごいカンジ悪い!」

と思いました(> <)

でも、後になって気付きました。

医師が

「自分で調べてみなさい」

といったのは、

患者さんが不妊治療に関してあまりにも無知で、

偏見を持っていて、

‘主体性’がないことに対する

忠告だったのではないかと。

 

患者さんはそのとき、

治療のために病院にいく

病人のつもりでした。

素人である病人=私は何も分からないから、

プロである医師がいろいろ判断して、

治療をしてくれるものだと。

 

でも、よくよく考えると、

患者さんは病人じゃない。身体は健康。

妊娠するのに

障害があるかもしれないだけ。

不妊症は病気じゃない。

 

妊娠という目的を達成するため、

不妊治療の方法はいくつかある。

 

医師はあくまで

その方法を提示するだけ。

最終的に選ぶのは患者。

 

しかも、

その不妊治療の方法は万能ではない。

医学的に解明されていないことは

まだまだたくさんある。

医師にまかせておけば、

妊娠できるってわけじゃない。

 

病院で医師が示してくれた方法を、

夫婦で話し合って、

納得のいく治療を受けること。

不妊治療は医師まかせじゃなくて、

夫婦が主体性を持って

取り組むものなんだと

気付かされたそうです。

 

あなたは旦那さんと、

・どんなプランで、

・どんな方法で、

・どんな生活スタイルで、

妊娠活動を行っていきますか?

 

小林 芳憲