PMSの症状が妊娠初期症状に 似ている?

令和の子宝請負人、小林芳憲です。
 
多くの女性が抱える悩み
PMS(月経前症候群)
このPMSの症状が妊娠初期症状に
似ています。
 
 
このPMSは、大体生理が始まる
3~10日ほど前に身体や精神に
以下のような症状が現れます。
 
【身体症状】
下腹部の痛み、頭痛、腹痛、腰痛
胸が張る、便秘、食欲の変化、不眠など
 
【精神症状】
イライラ、落ち込む、やる気がでない
涙もろくなる、神経質になるなど
 
PMSの症状が起こる原因は
はっきりとは解明されていませんが
エストロゲン(卵胞ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)
2種類の女性ホルモンが影響している
と考えられています。
 
また、PMSと不妊の関係についても
解明されていないのが現状です。
 
しかし、PMSはホルモンバランスの
乱れからくるものと考えられているため
症状がひどい人は、子宮内膜などの
子宮内環境や卵子の成長に
なにかしらのトラブルがある
可能性があります。
 
PMSにより、身体的、精神的な不調が
ストレスとなったり
ホルモンバランスが乱れ
生理不順になり、排卵日の予測が難しく
妊活に影響してしまう恐れがあるのです(>_<)
 
PMS症状を改善することも
妊活には、必要なことかもしれません!
そこで具体的に何が出来るか
ご紹介しますね!
 
【PMS対策】食事
・3食ちゃんと食べる
・糖分を取り過ぎない
・マグネシウム、カルシウム、ビタミンB6をとる
マグネシウムはイライラ
情緒不安によいとされています。
カルシウムはホルモンを生成する
内分泌系に影響を与えてくれます。
ビタミンB6はうつや、心配性を改善します。
 
【PMS対策2】運動
運動することで脳から幸せ物質である
ドーパミン、セロトニンが分泌され
イライラや不眠症状が緩和されます。
おすすめは、ヨガ、ストレッチ、ジョギングです!
 
【PMS対策3】アロマセラピー
リラックス効果の高いアロマセラピーは
自律神経の働きを整えてくれます。
PMS改善にお勧めの香りです!
・ローズ
・イランイラン
・カモミール
・ゼラニウム
 
【PMS対策4】温める
PMSの重い生理痛の原因となるものには
子宮の冷えがあります。
血行不良がPMSを悪化させてしまう
原因にもなります。
・蒸しタオルで首を温める
・湯たんぽや足湯で足を温める
・使い捨てカイロを腰や下腹部に貼る
・湯船に浸かる
 
あなたがPMS症状で悩んでいるなら
実践してみてはいかがですか?
 
 
編集後記
 
症状別 漢方薬の選択方法
高温期に多く分泌されたエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が、高温期後半に急激に低下し、脳内ホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが原因と言われています。
 
ストレスの影響を受けることも多く、はっきりした原因はまだわかっていません。月経前症候群(PMS)の原因
女性特有のこのような症状に漢方薬が効果を発揮します。
月経前には浮腫みがひどくなる女性、便秘になる女性も多く見受けますが、漢方薬で改善すると、体が軽くすっきりし、心まで軽くなることを多く経験します。
 
浮腫・・・当帰芍薬散・防巳黄者湯・九味びんろう湯など
便秘・・・潤腸湯・通導散・桃核承気湯など
めまい・・・苓桂ホ甘湯・真武湯・五苓散など
腹痛・・・当帰芍薬散・当帰建中湯など
情緒不安定やイライラ・・・ 四逆散・抑肝散・加味逍遥散・甘麦大炎湯など他にも様々な症状に効果的なことも多いので、漢方薬局にご相談してみてください。

ご予約・ご相談・お問合せは
こちらから

メールでのお問い合わせ
 ご相談はお気軽に
050-3188-8733


※施術中で電話に出られない場合がございます。
折り返しご連絡を差し上げますのでメッセージをお残しください。

営業時間   平日  10:00 ~ 18:00
   土曜・祝日  10:00 ~ 17:00
定 休 日   日曜日  

※王子駅前院は2019年10月に全ての業務を青山一丁目駅前院に移転・統合しました。